灰色の空

あした晴天なら

大人の話は、凄く怖いものに思える。

その雰囲気には必ず、普段には感じられない冷たい表情と低い声が顔を出す

聞きたくないけど、聞かなきゃ。

私のせいかもしれない、私のことかもしれない。何の話なんだろう、どうしてなんだろう。

意味を成さない焦燥感が溢れ出ていく

扉を1枚挟んで向こう側へ、自然を装った物音をたてながら私は耳を研ぎ澄ます。

本当は聞かない方が幸せで、利口で、正しいのかもしれない。

明確な答えは得られないまま、その雰囲気に呑まれないように扉を開ける。

表情は笑い過ぎず真顔過ぎず、あくまで私が不自然なのではなく、大人がそういう雰囲気であると主張するように。

酷く冷えたその部屋は、私の体温を奪おうとする。

 

大人の話は、怖い。

だからそれに殺されないように、

無知でお馬鹿なふりをする

 

無知は犯罪だ

こんなにもどす黒く、笑顔の下で渦をまいては、

それを飲み込んで、忘れてしまうのだから。