灰色の空

あした晴天なら

「わかる」を理解する

本当の自分なんて、理解されないんだろう

卑屈じゃなくて本質的に不可能なんだろう

私が満足出来るくらいに私を理解してもらえることなんてないんだ

そうであるなら、理解されなくていい

中途半端に理解なんてされたくない

自ら教えることもなくていい

ただ、本質を理解できないように嘘をついていればいい

 

優しさはかえってこない

見返りを求めては、いけないからだ

 

理解はかえってこない

ひとは優しくないからだ

 

ひどい世界だ、私には向いていない

悲しい世界だ。息がしづらい。

 

 

「わかる」

それ、わかってないってわかってる。

理解出来てないって、しってる

だから、無垢で無知な私を装って、笑顔になるの

私、優しいから、わかったことにしてあげる

私、優しいから、わかってないってこと、理解してあげる

それが全部返ってこないのも、私だけわかってる。