灰色の空

あした晴天なら

言葉って難しい

「ごめん」なんて言わせたいわけじゃないのに

なんで日本語はこんなにも難しいのだろう

努力家な君の成果を否定したいわけじゃないのに

こんなにもから回る

謝らないでくれ

そういうわけじゃないんだ

そういうわけじゃないんだけど、本当のことなんだ

発言することは私の義務であって、君を責めているのではないのに

君が謝ることで、君と私はまた対等な立場から遠ざかる

でも、

それに安心する私がいて

君もまたそれに安心していて

「やめてくれ」の一言を、

私は今日も言い出せない。