灰色の空

あした晴天なら

先輩

日々終わっていく青春の1ページ

今しかない小さく、大いなる幸せの中から

私は一体何を貰えるのだろう。

幸せの片隅にいつもいた、

優しい言葉と笑顔のあなたに

最後の日、私は何を言えるのだろう。

たくさんの感謝を抱えて、

残り2ヶ月

それまで、少しでも隣に。

その日が来て、きらきらとあなたの名前が呼ばれて

拍手喝采を浴びて

わたしは、

 

『ありがとう』

 

きっとあなたとの1ページを思い出して

たくさんの幸せを噛み締めて

言葉に出来ない思いを伝えて

最後まで隣に並んで

「ありがとうございました」

初めて思い切り、

泣くんだろう。

「さようなら、どうかお元気で」

そして私なりの最高の笑顔で

あなたの旅立ちの日を祝福しよう。